トレンド場面での超シンプルエントリー法

この記事は5分で読めます

 

 

こんばんは。

 

 

みつしろです。

 

 

今4月21日の午前0時14分ですが、めちゃめちゃ眠いです・・・

 

 

そして今週末はいろいろと用事が詰まっていて、フル回転。

 

 

これはまずい・・・ 何がまずいかって体が休めと言っている・・

 

 

弱音はこの辺にして、早速いきましょうか!

 

 

前回の記事、

 

 

狙うべきトレンドの形状

 

 

では、

 

 

勝率、利益率を上げるために、順張りで狙うべきトレンド
の形を画像を使ってわかりやすく説明しました。

 

 

でも、たぶんこう思った方もいるはずです。

 

 



「どういう形がいいかはわかったけど、具体的にどこで

エントリーしたらいいの?」

 

 

これ、僕もけっこう思考錯誤していた時期がありました。

 

 

一時期これでものすごい悩みましたよ・・・

 

 

実際問題、トレンドの方向にエントリーしてる”つもり”
になってしまうケースって多くて、

 

 

やり方によっては、トレンドに沿ってエントリーしてい
るのに全然勝てない!

 

 

はい。あると思います。

 

 

よくあるパターンとして、

 

 

トレンドの調整局面、つまり押し目や戻しが発生している
局面で、逆張り気味にエントリーしてしまうケースです。

 

 

たぶんこれやってる人多いんじゃないかなーと思います。

 

 

うまく行く時はいくんですよ?逆張り気味に入っているの
で、再度トレンドが継続した場合、取れる値幅も大きい
です。

 

 

ただ!

 

 

トレンド継続せずに、そのまま逆行されてトレンド転換に
巻き込まれた場合、ロスカットが遅れ、大きいロスが出る
やり方でもあります。

 

 

なぜなら、押し目、戻しが形成されていないので、損切り
ポイントが決まっていないためです。

 

 

そうなると、いくら高勝率を維持していても、一回のロスが
大きいので、最終的にはあんまり稼げないという結果に
なってしまいます。最悪マイナスになります。

 

 

「じゃあどうしたらいいんですか!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

安心してください。救済策があります。

 

 

ではどうするのか。相場の勢いを確認してから入る。

 

 

これが一番安全です。

 

 

”正しい”ではなく、”安全”です。

 

 

前回の記事、

 

 

狙うべきトレンドの形状

 

 

で紹介したこのチャート、覚えてますか?

 

 

 

このパターンが一番勝ちやすいって書きました。

 

 

こういうパターンが出現したら、思いっきり攻める
べきです。

 

 

稼げる時に稼ぐ!これはトレードである程度の金額、
月100万を突破するためには必要な考え方です。

 

 

さて、トレンド場面でのエントリー方法と、一番勝ちやすい
パターンですが、

 

 

まずはチャートの赤い水平線を見てください。

 

 

これは、直近のブレイクポイントがレジスタンスとして
機能しているラインです。

 

 

この水平線で止められ、その後黄色い斜めのライン
で引いてある下値抵抗線の突破という2つの要素が
合わさった場面、

 

 

このパターンはほんとに勝ちやすいです。

 

 



レジスタンスで止められ、その後下値抵抗線突破で一気に

売りモードになるわけですから、

 

 

普通に考えたら、上のチャートのケースでは下がらない
理由がないですよね?

 

 

で、早速今日この方法でエントリーして、さくっと利食い
しました。

 

 

エントリーチャートはこれです
4月20日ユーロドル5分足
 

 

 

赤いサポートラインで一回止められ、その後黄色いライン、
上値抵抗線を突破したポイントでエントリーしました。

 

 

損切りは直近押し目の安値からちょっと余裕を
持たせたポイントです。

 

 

こういうポイントだけ狙えば、ほぼほぼ負けないと思うので、
ほんとやってみてください。

 

 

まずはデモトレードでいいので。

 

 

実際やったら感動すると思いますよ。トレンドでのエントリー
ってこんなシンプルでいいんだって。

 

 

とはいっても実際に実践する人はほとんどいないのが現実
かもしれないですね。

 

 

大体の方が「なるほど!いいこと聞いたな~」で終わって
やらないんですよ。

 

 

逆にここでとりあえずやってみるタイプの人が結果を出して
いくんでしょうね。

 

 

ちなみに、水平線プラス抵抗線突破が一番勝ちやすいですが、
上値、下値抵抗線突破だけでも十分いけます。

 

 

なぜなら、例えばダウントレンドの場合、下値抵抗線突破
で、戻しを作っていた買い方が損切り、新たに売り方が参入
してくるためです。

 

 


前回の記事
でも紹介したこのチャート、

 

 

ユーロドル4時間足
 

 

 

水平線には当たってないですが、下値抵抗線突破で
エントリーしていれば、勝ててますよね。

 

 

FXはトレンドの継続性が高いです。なので、損切りが出る
までこの方法を使ってトレンドを追いかけるやり方でも
全く問題ないと思います。

 

 

マーケット自体の優位性は活かすべきです。

 

 

逆にそうやって順張りに完全特化することにより、トレード
技術の面でも、利益の面でも新しいステージにいける
はずです。

 

 

何回も言いますが、とりあえず1回はやってみてください。

 

 

チャートに水平線と安値、高値抵抗線を引いて、デモで
いいのでエントリーしてみてください。

 

 

トレードはやってなんぼです。どれだけ勝ちパターンを
蓄積していけるかが大事ですよ。

 

 

※おまけ

 

 

レイヤーの切り上げを意識したサポートライン上での
買いエントリーです。

 

 

 

こういうレイヤーに乗った逆張り気味のエントリーも
勝率高いです。

 

 

しかも損切り幅が狭いというおまけ付き。

 

 

まん中に引いてある水平線を基準に、レイヤが1段階
上に切り上がっているのがわかりますか?

 

 

水平線から上側が買い目線、下側が売り目線という
ように認識しておくと、より相場の流れが見えてくる
はずです。

 

 

興味ある人はこのパターンも狙ってみてください。

 

 

ではでは、次回は利食いについて。

 

 

お仕事の方もお休みの方も有意義な週末
をお送りください~

 

 

では寝ます!

 

 

みつしろ

いつも応援ありがとうございます→FX為替ブログランキングへ

-----------------------------------------------

メール講座を始めました。

圧倒的に進化できる常勝トレーダー育成講座はこちらから
コーヒーブレイクがてら読んでみてください

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)


登録すると、プレゼント動画&音声が届きます。
すぐに試して効果を体感してくださいね。

FX講座の詳細はこちらから
メールが届かない場合はこちらをお読みください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. shutterstock_272979344
  2. love
  3. shutterstock_125732975
    • ハヤシコウイチ
    • 2012年 10月15日

    みつしろさん 今晩は。 

    第一回目のメルマガが届きました。有難うございます。ブログを拝見して思いましたがあらためて内容が濃いのでとても勉強になります。

    ブログの方の動画もかたっぱしから見ていますが、何と言ってもトレードをしているときの動画は、非常に勉強になります。

    チャートが同じような形になったら是非エントリー出きるように研鑽していきたいと思っています。

    まずは、お礼まで。

    • 齋藤洋子
    • 2012年 10月18日

    みつしろさん

    トレード等でお忙しいのに何時もブログの更新そしてメール・・・と有難う御座います。

    これは良いよ・・・って書いて戴いてる方法を真似て入って見ています。

    プライスアクショントレードの3本のロウソク・・・今日はこれに挑戦・・・でもまだ中途半端で応用が出来ません. 4回トライして微益ゲット。

    10月8日から昨日まで今までの分ぜ~んぶ無くしてマイナスが、7日で200p・・・!

    今までに3%の方々に貢いできた金額を考えると200p位・・・。

    最近みつしろさんのブログに調べ物をしていて出会う事ができました。 

    いろんな方のブログ・・・セミナー・・・私には合いませんでした。

    私はスキャルが好きです・・・みつしろさんが書いて戴いてる手法を自分の物に出来る様頑張ります。

    やっと私が考えていた方と巡り会えた・・・一度お礼のメールを送らねばと思いメールさせて戴きました。

    なんとなく出来る様になれる気がするのですが、FXは始めて1年と1ヶ月、株は13年位で垢を落して初心に帰ってやってみます。

    これからもご指導よろしくお願いいたします。

    yoko

     

    • takada
    • 2012年 10月30日

    メールを頂き有難うございます。デモを始めて一年余り、コツコツドカンを繰り返し、未だ本番に入れない状況の中で、みつしろさんのブログに出会い、勉強させてもらっています。チャンスが来るのを待てないことが今の大きな悩みです。チャンスがくるまでどうやって時間をつぶせばいいのかにも悩んでいます。

    • ちゃり
    • 2016年 5月13日

    みつしろさま
    どうもはじめまして、ちゃりです。

    全くの初心者ですが、
    非常に参考にさせていただいております。

    疑問点がございました。
    ①上値抵抗線突破→買いエントリー
    下値支持線突破→売りエントリー
    もし外れたら損切りがあるので平気
    ここまでは理解できるのですが
    このサポート、レジスタンスラインは
    同じ足のチャートでも、蝋燭の数をどこまでチョイスするか(直近から5個なのか20個なのか)によって
    ラインは変わると思うのですが
    この判断は何をもって判断されているのでしょうか。

    ②一番最初の図ですが、レジスタンス→サポートの流れで売り先行と記載されていますが、このエントリーは2つのラインがチャート上で交差する「場所」を狙うのか「レート」を狙うのか良くわかりませんでした。
    「場所」の場合はこの図ではエントリーしないと言うことだと思いますが…(交差するまで時間を要するため)

    以上、解答の程、何卒宜しくお願い致します。
    出来れば、数をこなせばわかるとかではなく、
    理論的に解答いただけますと幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:みつしろ


トレードで世界と繋がろう

プロフィールはこちら

公式twitterはこちら

公式facebookはこちら

サイトマップはこちら

オススメの本一覧はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1万7286人が購読中の無料メルマガ

僕が実践してきた ブログには載せていない トレードスキル上達法をはじめ、経済、金融からビジネスまで網羅した濃い~内容(´∀`)b

*メールアドレス
*名前(姓)



登録するとあなたのトレードスキルが確実に上達しちゃう有料級のプレゼントがメールで届きますが、中身は見てからのお楽しみということで

メルマガの詳細はこちらから