根拠は多い方がいい!

この記事は6分で読めます

 

 

どうも、みつしろです。

 

 

~海外生活記第4回~

海外は変人が多い!?

続きは最後で。

 

 

さてさて、

 

 

今日はエントリーのお話です。

 

 

トレードでエントリーしていく時って、
それが無意識なのか、意識しているのかは別にして、
たぶん誰しも何らかしらの根拠を探してるはずです。

 

 

これまで散々ブログでも、
メルマガでもエントリーの根拠の重要性については
書いてきたつもりなので、

 

 

僕のブログなりメルマガなりを読んでくれている場合は
「感覚でやってま~す^^」みたいなことはないと信じてます 笑

 

 

で、

 

 

根拠なんですが、
当然ながら多い方がいいに決まってます。

 

 

「名探偵コナン」ってアニメと、「古畑任三郎」

ってドラマ知ってますか?

 

 

名探偵コナンは、
今でもアニメでやってるので知ってますよね。たぶん!?

 

 

まーあれです。
コナンって言ったらあのセリフです。

 

 

「バーロー」

 

 

これしかないでしょう。

 

 

意味不明な場合はスル―してください 笑

 

 

続いて、
「古畑任三郎」

 

 

このドラマ知ってますか?
ちなみに余談ですが、
僕はこのドラマが大好きで、
ビデオ全巻借りて観たり、

 

 

本当に心を許した仲間内でのみ、
古畑任三郎のものまねをしてます。

 

 

「ん~~犯人はあなただ!」

 

 

このセリフが超好きです。

 

 

あの独特の溜めと言ったら・・・
たまらないです。

 

 

「ん~~んふぅ~~え~~古畑です~」

 

 

古畑任三郎を知らない場合はこちらをどうぞ
http://www.youtube.com/watch?v=yydZA-fCXag

 

 

このドラマ、
最初に犯人がわかっちゃうんですが、
古畑が犯人を特定するまでの推理が醍醐味
なんですよね。

 

 

容疑者とのちょっとした会話の中とか、
人間関係とか、

 

 

そういうところから徐々に犯人を追いつめていく
感じです。

 

 

逆にコナンは、
最後まで犯人がわからない面白さがありますね。

 

 

ちょっと脱線しましたが、
そもそもなんでこんなことを話してるかというと、
もちろん相場と関係があるからです 笑

 

 

「( ゜д゜)」

 

 

今はこんな感じかもしれませんが、
大丈夫です。これから説明します。

 

 

さて、
コナンと古畑に共通してることって何でしょう!?

 

 

まーこれは簡単ですね。
証拠、根拠を集めて犯人を特定する。

 

 

これが目的です。

 

 

じゃ実際にどうやって犯人を特定していくかというと、
とにかく確証を得るための証拠、根拠を集めていく
わけですよね。

 

 

犯行があった日、
被害者と一緒にいた可能性が高い、
被害者とトラブルを起こした過去がある、
容疑者の元彼女が被害者の今カノ、
言動がとりあえずおかしい、

 

 

こんな感じで、
容疑者を犯人と断定するための根拠を
ひたすら集めていく感じです。

 

 

で、

 

 

当然ながら、
この根拠は多ければ多いほどいいわけじゃない
ですか。

 

 

ただ単に何となく怪しいって根拠よりも、
容疑者と被害者が過去にトラブルを起こしてたとか、
犯行時刻に実は一緒にいたとか、

 

 

こういう根拠が集まれば集まるほど、
より高い確率で犯人を特定することができます。

 

 

で、

 

 

でですね、

 

 

これをトレードに置き換えるとどうなるかってことなんですが、
トレードのエントリーにおいても、エントリーする根拠が多いほど、
多いというか、重なるポイントほど勝ちやすいってことが
言えます。

 

 

例えば、
単純にサポート、レジスタンスなどのラインにタッチした
という根拠よりも、

 

 

サポートにタッチした。
大きい相場の流れがアップトレンドである。

 

 

このように根拠が重なれば、
より勝ちやすいポイントだってことが言えるわけです。

 

 

さらに、
サポートにタッチした。
大きい相場の流れがアップトレンドである。
ボリバンが拡大している(ボラが拡大している)。
ボリバンのミドルラインとサポートが合致している。
直近抵抗帯を突破してきている。
値段が200日移動平均の上にある。

 

 

このように、
証拠が多ければ多いほど、
相当な確率で犯人を追いつめることができる、
つまり、勝率の高いポイントでエントリーすることが
できると言えますね。

 

 

ただし!

 

 

ここで一つ注意ですが、
根拠を探そうとするあまり、
エントリーが出遅れてしまってはダメです。

 

 

だから、
自分にとって最高のセットアップは何なのか、
勝ちやすい条件とは何なのかっていうことを予め
分かっておく必要があります。

 

 

自分の手法では、
この条件が揃えばかなり高い確率で勝てる!
ってことがわかってれば、

 

 

後はその条件、根拠、証拠を探していくだけです。

 

 

で、
条件、根拠が揃ったら、
もう思い切ってエントリーしていきましょう。

 

 

そこはもう腹決めするしかないです。

 

 

躊躇したらダメです。

 

 

どれだけいいポイントを絞り込めても、
エントリーを躊躇しちゃうと、
せっかくの優位性が消滅してしまいます。

 

 

最高のエントリーポイントっていうのはすぐに
消えます。

 

 

だからこそ優位性があります。

 

 

行くと決めたら行きましょう!
それしかないです。

 

 

ん~~どうしよう~~エントリーしようかな~
やめとこうかな~っていうのが一番危険です。

 

 

これをやると、
エントリーした途端に逆行に合います。

 

 

「覚悟を決めましょう」

 

 

ということで、
早速月曜日からエントリーに対する意識を変えていきましょう。
ここだ!って思ったら、えいや!でエントリーする。

 

 

ここを意識できているかいないかで、
けっこう変わってくるもんですよ。

 

 

で、僕はFX界の古畑任三郎を目指します。
ん、なんか若干滑ってる気がしますが、気にしないでください 笑

 

 

~海外生活記第4回~

海外は変人が多い!?

 

 

海外に住んことがあったり、
旅行で行ったことがある人は何となくでも感じたことが
あると思いますが、

 

 

ズバリ、
変な人が多いです。

 

 

それも、
ずば抜けて変人が多いです。

 

 

完全にマイワールドを持ってます。

 

 

海外に住んでたころ、
かなりの割合でぶっとんでる友達がけっこう
いました。

 

 

どれくらいぶっとんでたかっていう詳細に関しては、
ちょっと強烈なので、
書くのはやめときます 笑

 

 

「自分」というものをすごい重要視してるというか、
自己のアイデンティティを大切にしてますよね。

 

 

youtubeとか見てみるといいですよ。
面白い動画をアップしてる外国人いっぱいいるので。

 

 

で、

 

 

逆に日本人は、
傾向として自分に対する他人の眼を気にする人が
多いんじゃないかなーって感じます。

 

 

自己を開示するんじゃなくて、
あくまでも周りに合わせることが当たり前になってくる。

 

 

何となく雰囲気的に「個性」を表にだしちゃいけないんじゃ
ないかっていう”空気”がありますよね。

 

 

この違いはどこから来てるかって言うと、
やっぱり教育なのかなーって思ってます。

 

 

日本の教育は、
他人と違うということに恐れを感じるように育てることに
主眼が置かれてますよね。

 

 

高度経済成長期では周りと合わせるって能力がひじょーに
大事だったわけですが、

 

 

今の時代、
もっと個人個人違っていいだろうって思うわけです。

 

 

もっと変人でいいと思うんです。

 

 

何だろう、もっとありのままの自分を曝け出せば楽だし、
楽しいんじゃないかって僕なんかは思うんですよね。

 

 

その辺りやっぱり外国人は得意ですよね。

 

 

ということで、
逆張りトレードと同じく、

 

 

人生も、
「敢えての逆張り思考」でいきましょう 笑

 

 

そしたらトレードにもいい影響があったりして。
いや、これは保障はできませんが 笑

 

 

ではでは!

 

 

 

みつしろ

 

 

P.S
最近忙しくてまだ返信できてないメールがけっこう
溜まってます。時間見つけて返事していきますね!

それと、明日、というか今日から3日間神戸に
いってきます。三宮です。

-----------------------------------------------

メール講座を始めました。

圧倒的に進化できる常勝トレーダー育成講座はこちらから。
コーヒーブレイクがてら読んでみてください

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)


登録すると、プレゼント動画&音声が届きます。
すぐに試して効果を体感してくださいね。

FX講座の詳細はこちらから
メールが届かない場合はこちらをお読みください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:みつしろ


トレードで世界と繋がろう

プロフィールはこちら

公式twitterはこちら

公式facebookはこちら

サイトマップはこちら

オススメの本一覧はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
無料メール講座
無料メール講座