第2波でエントリーする重要性

この記事は5分で読めます

 

こんばんは。
みつしろです。

 
この記事では、トレンドフォローを仕掛ける際に勝率を格段に高める
コツをお伝えします。

 

まず最初に、トレンドフォローの手法で、初心者の方が陥りやすい
負けパターンを説明します。


「トレンドに沿ってトレードしていますが勝てません・・・」という方が
けっこういらっしゃるのですが、

どんな手法にせよ、勝てないということは必ずその”原因”があります
ので、それを炙り出していくことが勝てるようになるには必要不可欠
な作業になります。

 
自分がなぜ負けているかわからないということは、どうすれば勝てるよう
になるかもわからないことを意味しますので、



この、

”負けている原因を炙り出す”

作業は言葉では言い表せないほど重要であることを、勝てるようになりた
い方は肝に銘じていただく必要があります。

 

「あなたの負けパターンはなんですか?」

と聞かれて、すぐに答えられない場合は要注意です。

 


自分がどういうパターンで負けるか、これがわかって初めて勝てるよう
になるための練習を開始することができます。

さて、ではトレンドフォローに挑戦しているが、勝てない方にもっとも
多いパターンを説明します。




まず一つ目

それはですね、

 

①ブレイクの第一波を予想し、それを捕らえようとする

 

もうほとんどの初心者の方が負けるパターンがこれです。

 
ある程度レンジ相場が続き、サポートラインとレジスタンスラインが
明確に引けたとします。


レンジ相場がしばらく続くと、人間心理として、そろそろどっちかに
ブレイクするのではないか?という気持ちになっていきます。


これは確かにその通りです。

 

レンジが続けば続くほど、当然ブレイクしてトレンドが発生する確率
は高まっていきます。

ただ!、ただですよ?

 
そのポイントをピンポイントで捕らえられるか?

というと、それは至難の業です。

 
至難の業というか、ほぼ不可能です。

 
いや、たまたまブレイクしそうだと思ってエントリーしたら本当に
ブレイクして利益が取れた、ということはあると思います。



でもそれを継続してできるかというと、たぶん不可能だと思います。

 
初心者の人、またはなかなか勝てない人は、
「ブレイクするんじゃないか?」という予測のもと、
ポジションをとってしまうんですね。

でも悲しきかな、大体そういうケースではそのままレンジ相場が継続
します。

 


そして、

「ああ、駄目だった・・・ これは損切りかなー 涙」と泣く泣くロスカット

した途端、思惑の方向に動き出すのです。

 

まるで誰かが監視しているようですよね!


これがマーケットです。


あなたがたまたまそういう場面に出くわしたのではなく、狙われたのです。

 
本当はチャート画像などがあれば一番わかりやすいのですが、ちょっと
手元になかったので文章のみでの説明になってしまいました・・

 
上記で説明したパターンのサンプルが取れたらまた画像をアップしたい
と思います。

 


さて、こういうパターンで負けている方、

 今すぐサポート前の売り、レジスタンス前の買いでのブレイク

狙いはやめましょう。

 

まずこれをやめるだけで、将来の潜在的な負けを回避することができます。

では二つ目のパターンにいきましょうか。



②ブレイク後の第一波で突っ込んでいく

 
これも非常にやってしまいがちな負けやすいトレンドフォローの仕掛け方
です。

 
もしかしたら思い当たる節がある方がいらっしゃるかもしれませんね。

 
この②番に関しては、レンジブレイクアウトという立派な手法なのですが、
勝率は低いです。


大体よくて50%でしょうか・・・ 悪いと30%, 40%くらいまで勝率は下がります。



当然相場の特徴として、トレンド相場よりもレンジ相場のほうが圧倒的に
多いわけです。トレンドが発生するのは”稀”なことなのです。

良く言われるのは、トレンド相場3割、レンジ相場7割ですね。

 


なので、

直近のサポート、レジスタンスを抜けて、ブレイクした!ように
見えても、騙しでまたレンジ内に戻っていくか、最悪反対側に抜けていく
ケースはけっこうあります。


また、本当にブレイクしたケースでも、抜けたサポートやレジスタンス
のラインを試しに一旦戻す動きって結構あるんです。


そうなると、突っ込んで入った場合、押し目、戻しで振るい落とされて
しまうんです。

で、ロスカットした直後に思惑の方向に伸びていく・・・・  これは僕も
昔はしょっちゅうやっていたので、その悔しさはわかりすぎるくらい
わかりますのでご安心を 笑

さらに言うと、ブレイクした直後って、大体の方がそれが本物なのかどうか
わからないからなんとか確認を得ようとするわけです。



「もしかしたらエントリーした直後に逆行するかも・・」とか、「もう少し値が
伸びたら入ろう・・・」とか、いろいろな方法で本物か騙しなのかを確認し
ようとします。

 
でもですよ?少し考えたらわかることですが、確認が取れた後エントリー
して勝てるようなら、みんな勝てるわけですよ。



マーケットはこういう優柔不断なトレーダーが大嫌いなんです。

 

だからほとんどのケースで振り落とされます。

しかもそうやって悩んで悩んでエントリーするポイントって、その直近の
最高値とか最安値っていう場合がほんとに多いです。

 

つまり、「負ける思考」でエントリーすると、負けるポイントを掴まされて
しまうんです。

不思議ですがマーケットはそういう風にできてるんです。



確かにブレイクした直後に突っ込んでいって、①番同様勝てる時もあります。
でも、大体人間の心理上、10回中3回、4回しか勝てないと非常に強い
ストレスを感じます。


そして対外、何連敗もした後、勝ちトレードが来たりするので、それまで
何回負けても心が折れずに何回でもエントリーしていくんだ!という猛者以外は
おすすめできる方法ではありません。

ほとんどの方が、連続ロスカットに耐えられず、本当に入らなければいけない
所で入れずに終わります。


こんな辛い思いまでしてこのレンジブレイクアウトにこだわる必要は
全然ないんです。



ここまで2つの負けパターンを見てきましたが、では、一体どこで入ればいいの
か?



ここで悩まれる方が多いのではないかと思います。


では結論から行きましょう。

ブレイク後のトレンドフォローを狙う場合、



第2波でエントリーするようにしてください。



第1波を狙うと対外失敗するわけですから、ではどうするかと
言うと、第2波を狙うわけです。

え?それだけ?と思われるかもしれません。



でもたったこの一つの工夫だけで、勝率は飛躍的に上昇します
ので、是非試してみてください。

それではチャート画像を見ながら具体的なポイントを見ていきましょう。



下記3つのチャート画像を見てみてください。




 



 
チャート上に、青く色づけされたポイントがあると思いますが、
これが僕が実際エントリーしたポイントになります。

 

このポイントが



”第2波でのエントリー”になっていることが確認できるでしょうか?



上3つのチャートで”1つ”共通している項目があるのですが、
今までの解説をしっかり読んでいただいた方はすぐにわかるかと
思います。

すべて第1波のブレイクではエントリーせず、1回目の押し目、戻りを
待ち、再度ブレイクした方向に相場が動き出したポイントでエントリー
しています。



要約すると、


①トレンドが発生するまで待つ
②トレンドが出たあと、押し目、戻しが出るまで待つ
③再度ブレイク方向に動いたらエントリー



焦ってエントリーするのではなく、とにかくベストのポイントがくる
まで待ちましょう!


また、本当は重要だけでも案外見落とされているポイントとして、

「相場は波形を描いて動く」


ということです。

 

ひたすら一直線に上げ続けたり下げ続けたりする相場はそうそうないです。

上がったら必ず売りが入りますし、下がったら必ず買いが入ります。



そういったポイントが絶好のエントリーチャンスになるんですね。

 
これを意識するだけで、

 
マーケットにカモにされるその他大多数のトレーダーの一歩上をいける
わけです。



つまり!!

”カモと言われるトレーダーが突っ込んで買いにいったが予想に反して
相場に押しが入り戻して損切りで振り落とされたポイントでエントリー”

 
できることになります。 これって実はすごいことですよ。



これで手法の優位性  +   エントリーポイントの優位性

を手にすることができます。



これは基本中の基本ですが、その他大多数の負け組の”逆”をすること
で優位性が生まれるんです。

 
これはどんな手法を用いるのであれ、意識してほしいとても重要な概念
です。



今回の記事が、ご自身のトレードを見直すきっかけになれば幸いです。

 


みつしろ

 

今回の内容を実践してトレードの勝率が上がったという

成果報告が続々届いていて嬉しい限りです(いいね!290まで増えました)。

いつも応援ありがとうございます╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !

⇊ ⇊ ⇊ 

-----------------------------------------------

メール講座を始めました。

圧倒的に進化できる常勝トレーダー育成講座はこちらから。
コーヒーブレイクがてら読んでみてください

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)


登録すると、プレゼント動画&音声が届きます。
すぐに試して効果を体感してくださいね。

FX講座の詳細はこちらから
メールが届かない場合はこちらをお読みください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:みつしろ


トレードで世界と繋がろう

プロフィールはこちら

公式twitterはこちら

公式facebookはこちら

サイトマップはこちら

オススメの本一覧はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
無料メール講座
無料メール講座