繊細な人は強い

この記事は2分で読めます

 

 

ども、みつしろです。


今日のテーマは、
”繊細さ”です。


世の中には、
そもそもざっくり分けて2種類のタイプの人間がいます。
ここではあえて極論を話していることを事前に断っておきますが、

 
基本的に、
傷つきやすい人と、
傷つきにくい人がいるわけですね。


あなたはどちらでしょう?

 
ちなみに僕はこう見えて、
かなり繊細なほうだと思ってます 笑

 
自分自身が外部から受ける様々な刺激に対しては
もちろんのこと、

 
他人が今どう感じているか、
どう思っているのかという部分に関しても敏感な方
であると思っています。


で、
そもそも何でこういう話をしているのかというと、
傷つきやすい、言い換えると心が繊細な人ほど本人は
”自分はトレードに向いてないんじゃないか”と思っている
ケースが多いからです。


だから、
メンタルを強化するためにありとあらゆる施策を試す
わけですが、まあ基本的にはうまくいきません。


逆に、
傷つきにくい人は、
一見すると損切りにあってもへこまなさそうだし、
1日寝ればそもそも大負けしたことも忘れてそうだし、
いいよな~とかいう幻想を抱きやすいわけですね。


で、

 
ここで傷つきやすい人と傷つきにくい人、
どちらがそもそもトレードに向いているのかという
議論をするつもりは毛頭ありません。

 
ただ、
”傷つきやすい”からと言って、
じゃトレードに向いてないのかというと、
それは”違うのではないか”ということを言いたいのです。

 
基本的に人間というものは、
挫折すればするほど、
傷ついた回数が多いほど、
修羅場をくぐった数が多いほど本来持っている
底力を発揮できる生き物です。


また、
傷つきやすいということは、
つまるところ自分を傷つける可能性のある外的
要因をどう避けることができるかという”知恵”を
発揮することが可能であるということでもあります。



・どうすればなるべく含み損を抱えないポイントで
エントリーできるだろうか?


・どうすればなるべく損切りが少ないトレードスタイル
を構築できるだろうか?


・どうすればなるべく含み益を吐き出さずに逃げれるだろうか?

 
こういうことを真剣に考えるわけですよ。
なぜなら自分が繊細だということを認識しているからです。

 
だからもし、
自分は損切りになるとすぐへこむし、
心臓がバクバクして全然利が伸ばせないし、
向いてないのかな~・・・って仮に思ってると
したら、


今回書いたように、
是非捉え方を変えてみてください。


繊細な人には繊細な人なりの戦い方がある
わけですから、


まずはそういう繊細な自分を受け入れてあげて
ください。自分を否定する必要はありません。

 
その上で、
自分にあったやり方を試行錯誤しながら見つけていけば
いいんです。

 
僕だって、
そもそも利を伸ばすのが苦手だし、
極力損切りもしたくありません。


だから今勝率が高く、
そこまでトレンドを追いかけない、
またトレンドの転換第2波など高勝率のポイントのみを
狙いにいくトレードスタイルを構築できたわけです。

 
頂上までの道のりというのは、
それこそ人の数だけあります。
自分なりのルートを焦ることなく
見つけていけばいいわけですし、


時には行き止まりだったとしても、
穴に落ちたとしても、
諦めずに頂上に向かって歩き続ければ、
いずれ必ず着きます。


ということで、
今日は以上です。

 


ではでは!

 


みつしろ

-----------------------------------------------

メール講座を始めました。

圧倒的に進化できる常勝トレーダー育成講座はこちらから。
コーヒーブレイクがてら読んでみてください

登録すると、プレゼント動画&音声が届きます。
すぐに試して効果を体感してくださいね。

FX講座の詳細はこちらから
メールが届かない場合はこちらをお読みください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 善本
    • 2013年 1月11日

     みつしろ氏の今日のメルマガ&ブログを一読して、また投稿してしまいました。

    みつしろ氏の一言一言が相場だけでなく、人生観までも突き動かすこのエネルギー

    は何でしょうか?頭だけでなくココロまでも影響しているようです。

    貴殿の発する情報量の多さにも驚愕の思いですが、若さゆえの無防備な熱い情熱

    やエネルギーが、夜明けの朝日のようにじんじん(心身)伝わってきます。

    文字もただの活字ではない、使い方によっては生きた文章を生み出せるということを

    教えていただきました。

    現実問題の、FXでも、夜中に「なんてこったい、一体全体、どうなってんだい」と

    叫ぶことの無いよう、自分の身は自分で守れるように顔晴ります。

     どうぞ、お身体を大切になさって一日でも長くメルマガ&ブログを続けられることを

    切に願っております。

    • 田中真弓
    • 2013年 1月11日

    数日前にメルマガ登録をしてプレゼント動画をもらった物です。(コメントの投稿はこちらのページでいいのでしょうか・・間違えていたら申し訳ございません。)

    プレゼント動画、全部見させて頂きました。無料でこんな内容の濃いものを見させてもらえるなんて・・・FXへのみつしろさんの研究熱心さ、熱意が感じられただただすごい方がいるのだな~と感動しました。

    私は主婦でFX歴4年で恥ずかしくも結果を全然出せていないんです。随分遠回りばかりしてきました。ですがみつしろさんのブログに出会い刺激を受けました。自分のこれまでの怠慢を反省しました。今後、みつしろさんのブログ、勉強に役立たせて頂きます。
    みつしろさん、今後もブログよろしくお願いします。

    • 山田
    • 2013年 1月12日

     
      
     山田と申します。
     
    みつしろさん イヤ みつしろ先生のブログとであって4日目です。

    今の心境は、荒波の中を溺れそうになりながら、辿りついたのがみつしろ先生の宝島。

    今は、ブログを見たくて見たくて時間をなんとかして読ませて頂いております。

    又、勉強もしたくてしたくて、、、

    この惹きつける嬉しい晴れやかな気持ちになる不思議な力は、なんなんでしょうネ。

    この宝島には、利益をだすだけでなく、みんなが進化する、進化できるものがいっぱい

    ありそうです。

    「何度倒されても最後に勝つ」

    よろしくお願い致します。

    • 56
    • 2013年 1月12日

    お世話になっております。

    みつしろさんの育成プロジェクトゴールドに参加させていただいています。

    ここしばらく、プロジェクト内容から離れて独自の手法(怠慢でもありますが・・)で
    挑んでおりました。

    現在着実に実力がついてきているのが実感できており、勝てる自分が身近に感じられていています。

    ちょっと前までは負けてばかりだったのが、自分でも勝てる局面があることに少しずつ自信がつき、今ようやく一つの課題に気付きました。

    「いかに損を少なくできないものだろうか?」

    「なるほど!これが第二派エントリーの真骨頂か!」

    今になって、以前からみつしろさんが常々おっしゃっていたことの重要性を身に沁みて感じました。

    じばらくプロジェクトから離れることによって改めて学ばせていただきました。

    ありがとうございます。

    エントリーが怖いメンタルが弱い・・・・玉を小さくすればいい

    早く稼ぎたい→無駄なエントリー→損切り→暴走→自己嫌悪・・・・・
    エントリーを厳選すればいい←チャンスは減るが資金も減らないし、エントリー回数を増やしても儲けが多くなるわけではない  だから  「待つ。」

    20歳の頃から模索し続けて現在38歳、ようやく見つけた

            「自分の仕事」  です。

    現在収支はマイナスですが、学び始めて半年ちょっと、いろんなことがわかってきました。そろそろ私も勝ち組の切符を手にできます。

    ありがとうございます。

      

    • 武田 
    • 2013年 1月23日

    僕の感想から言うと繊細な人ほどトレードに向いていると思います。ただし負けず嫌
    いで、絶対諦めない精神の持ち主であることでしょう。
    ただ繊細であるかどうかは生まれつきの性格によるものが大きいと思っていますから
    僕には当てはまりません。これが欠点となって失敗を繰り返しているわけですが、
    ただ負けん気だけはあるのでなんとか食らいついていこうと思っています。
    諦めたら終わりです。俺はこんな馬鹿ではないはずだと自分に言い聞かせています。そしていま明るい光明が少しずつ見え、始めています。登山に例えれば険しい崖を乗り越えてこそ、いづれ眼下を見渡せる頂きに立てると。
    そんな心境ですかね。

コメントは利用できません。

管理人:みつしろ


トレードで世界と繋がろう

プロフィールはこちら

公式twitterはこちら

公式facebookはこちら

サイトマップはこちら

オススメの本一覧はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
無料メール講座
無料メール講座