環境認識を活かしたエントリー

この記事は2分で読めます

 

 

こんばんは。

 

みつしろです。

 

僕の住まいは埼玉なんですが、昨日の夜から雪が
しんしんと降ってまして、朝起きたら路面凍結してま
した。

 

皆さまは大丈夫でしたか?朝の通勤に影響あった方
もいるかもしれませんね。

 

今の時期は鍋でも食べて温まりたいですね。あ、ほうとう
もいいなー。父が山梨出身なので、子供のころからほうとう
はよく食べてました。

 

うーんお腹すいてきたな・・・

 

ちなみに昨日のyahooトップに、「4年以内に大型地震の確率70%」
って出てましたね。

 

3.11からもうすぐ1年ですが、気を緩めることなく地震対
策していきましょう。いつくるかわかりませんからね。

 

さてさて、

 

それでは今日もトレード動画を公開します。

 

第1回目の動画で、  ※第1回目はこちらから

   

 


”環境認識”



にかんして少し触れたと思いますが、 今回の動画でも、相場の環境を
まずは把握し、その上で有利なエントリーポイントを絞りこんでいます。

 

継続的に勝つトレードというのは決して派手ではなく、こういった

 

地味な作業

 

の繰り返しになります。

 

こういった作業を、欲や恐怖にまけずいかに淡々とこなしていけるが
大事になります。

 

動画の内容に関して質問がある方がいれば、コメントなどで遠慮なく
聞いてくださいね。

 

トレードでプラスサイドにまわるには、商材ジプシーになっていろいろな
手法をかたっぱしから試したり、1回負けたからと言ってスタイルを変え
たりするのではなく、

 

あくまでも1つのスタイルを徹底的に突き詰めるようにすると驚くほど早く
成長することができます。

 

 

 

それでは動画をご覧ください。


それではまた次回の更新でお会いしましょう!

みつしろ

いつも応援ありがとうございます→FX為替ブログランキングへ

-----------------------------------------------

メール講座を始めました。

圧倒的に進化できる常勝トレーダー育成講座はこちらから
コーヒーブレイクがてら読んでみてください

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)


登録すると、プレゼント動画&音声が届きます。
すぐに試して効果を体感してくださいね。

FX講座の詳細はこちらから
メールが届かない場合はこちらをお読みください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. soubakan
    • espi
    • 2012年 7月1日

    とてもわかりやすかったです。

    もっと見ていたいくらいでした。

    • いちき
    • 2013年 2月4日

    ここ2,3日、トレード動画の1、と2、を何回も見直して環境認識を勉強しています。

    オーナーさんとの音声対談を聞いて、オーナーさんが勝ちつずけるようになられたのは
    このへんにポイントがあると感じとれたからです。

    私の負けパターンの検証をしていてわかったことは、「環境認識が間違っている」と言う
    ことでした。

    今受けているWEBセミナーの、トレンドフォローの仕掛けどころの解説と、
    トレード動画の1、と2、の説明から組み立てたトレードで、

    今日初めて、狙ったとうりのトレードができ、狙ったとうりの利益を得ることができました。

    メチャうれしくて、みつしろさんにメールしてしまいました。

     だいぶん自信になりました。

    ほんとうにありがとうぼざいました。

    • オノっす
    • 2013年 2月20日

    今までの根拠無きトレードに恥ずかしくなりました。資産を守れない理由が見つかった気がします。

    自分のエビデンスがあるから損切りしても納得いくんものだと改めて感じました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:みつしろ


トレードで世界と繋がろう

プロフィールはこちら

公式twitterはこちら

公式facebookはこちら

サイトマップはこちら

オススメの本一覧はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1万7286人が購読中の無料メルマガ

僕が実践してきた ブログには載せていない トレードスキル上達法をはじめ、経済、金融からビジネスまで網羅した濃い~内容(´∀`)b

*メールアドレス
*名前(姓)



登録するとあなたのトレードスキルが確実に上達しちゃう有料級のプレゼントがメールで届きますが、中身は見てからのお楽しみということで

メルマガの詳細はこちらから