ユーロドル4月24日トレード記録

この記事は1分で読めます

 

こんばんは

みつしろです。

本日のエントリーをさくっと紹介。

 

ユーロドル15分足
 

チャート左側がダウントレンドを形成していますが、その後、
直近戻し高値を突破し、レイヤーを切り上げました。

 

で、その後レンジを形成。

 

こういったレイヤー切り上げ、切り下げ後のレンジ形成
ポイントでは、再度プライスが近づいた場合、非常に

止められやすいポイントといえます。

買いの層が並んでいると思えばOKです。

僕がエントリーしたポイントですが、2回目に止められた
ポイントです。

 

念のため1回止められたのを確認し、その後2回目の接近
でエントリーすると、比較的安全です。

これも鉄板エントリーですね。

 

こういうポイントは、通貨ペア、時間足を分散することで、
1日の中で意外にもそこそこな数見つけることができます。

 

とにかく!

 

エントリーする土俵が整うまで待つことが非常に大切です。

企業が資金を投下するのも、勝てる見込みがある市場だけ
です。

 

勝てる見込みのない、もしくは勝てるかわからないポイント
は、第3者的視点で見送るべきです。

 
今回のエントリーで使ったのは、ラインたった1本です。

 

このライン1本で、相場の圧力が簡単に分かるわけですから、
シンプルなものですね。

 

ではではこの辺で

 

みつしろ

-----------------------------------------------


今なら電子書籍プレゼント
メールが届かない場合はこちらをお読みください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. no image
  2. no image
  3. no image
  4. no image
  5. no image
  6. 6月27日DAX指数トレード解説
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:みつしろ

プロフィール画像
トレードで世界と繋がろう

プロフィールはこちら

公式twitterはこちら

公式facebookはこちら

サイトマップはこちら

オススメの本一覧はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
無料メール講座
-->