デモトレードで勝てるのに本番では勝てない,たった1つの根本原因とは?

この記事は6分で読めます

サムネイル

こんにちは。みつしろです。今回は僕がよくもらう質問のトップ3に入る

デモトレードでは勝てるんだけど、本番では全く勝てない・・・

という悩みについてお答えしていこうと思います。

1.頭ではわかっているけど出来ない、で悩みすぎない

こういう質問をしてくれる人ってほとんどの場合

頭ではわかってるけどできない

っていう状態なんですよね。

これは僕もすごい経験があるし、本当に多くの人が悩む問題なんですよね。

みんな、トレードの勉強するじゃないですか、いろいろと。

例えばいろんな人のブログを見たりとかして、

  • こういうチャートパターンはうまくいけますよ
  • こういうときエントリーしたら流れ乗れますよ
  • こうなったら損切りしてくださいね
  • こうなったら利食いしてくださいね
  • フィボナッチはこうなったらエグジットですよとか

僕がやってるオプションだったら、インプライドボラティリティがこれぐらい跳ね上がったらもう仕掛けたほうがいいですよとか。

それは比率で見たときに、例えばインプライドボラティリティが低い状態が続いてて、それがばって跳ね上がったら、過去例えば半年間の中で最も高いですと。過去1年で最も高いです。インプライドボラティリティが高いですっていったときは、それはオプション仕掛けどきですよって。

明らかにわかりやすいシグナルが出てるのに、頭でわかっちゃいるんだけどできないっていう現象が起こるんですよ。

で、できずに、あー何で、だめだだめだってなって、あーもうえいってエントリーしたときがもう大体それは乗り遅れてるんです・・・。

で、ドテンみたいになってしまって、往復ビンタくらったりする。

もっと早く入ってたら流れに乗れてたのに、それを毎回逃してしまうっていうことですよね。

あとは、頭でもうここで損切らなきゃいけないってわかってるのに損切りできないとか、ここでエントリーしなきゃいけないっていうときにできないとか・・・。

でも言いたいのは、

とにかく無駄に悩まないようにしてほしいなと。

解決策は提示するので。

ましてや、自分を責めたりしないでほしいですね。

ただでさえ、トレーダーは勝ち負けの世界に身を置いているんですから、精神にきます。

そうならないように、僕はもっと根本的なグランドセオリーとか、エネルギーの話とかしてるんですね。

詳しくは他の記事とかもぜひ参考にしていただけたらと思います。

そんで本題ですが、冷静に考えた結果、

本番で力を発揮できない原因ってやっぱこれだなというのが見つかりました。

2.デモトレードで判断力が落ちるたった1つの理由

そもそもの話からいきます。

判断力が落ちるのって、別に何もトレードだけじゃないですよね。

例えば僕にはもともとナンパ師ずっとやってた友達とかがいるんですが、

その人曰く、例えばじゃあ女性に声をかけるってなったときに、頭では

  • こういう話をしたらいい
  • こういうふうにデートに誘ったらいい

とかわかってるんだけど、いざやろうとするとテンパってしまうとかね。いざやると口ごもって何も言えなくなってしまうとかいう人が多いらしいんですよ。

では判断力が落ちるたった1つの原因とは何か??

簡単です。

本番のときだけうまくやろうとしてるから

なんですね。

もうこれに尽きるんですよ。

言い方を変えると、

オンオフをつけた生き方をしてる

っていうことです。

トレードしてるときはルールを守ろうと頑張る。

でもトレードしてない日常では、自分の決めたルールを守っているのか?ということなんですよ。

トレードしてない日常のときに、
自分との約束を守って生きているのか・・・・

そこがすごい試されるんですよ、すべてにおいて。

例えば、じゃあここはエントリーしたほうがいいなってわかってて、じゃあそこでエントリーできないっていうのは、自分の自己判断を信じられない、それに乗れないってことじゃないですか。頭でごちゃごちゃ考えてるってことじゃないですか。

ってことは、厳しいこと言いますが、

日常で楽なほう楽なほうに流されてる可能性がすごい高い

んですよ。

  • 今朝起きたほうがいいな。いやでもあと10分寝ようとか。
  • 今この仕事片づけたほうがいいな。
  • 今これすぐやったほうがいいけど、でもちょっとめんどくさいしなとか

いろいろやらない理由をあれこれ考えて先延ばしする。

今これはこの人に伝えておいたほうがいいな。でも言ったらここでもめるのめんどくさいしな。早く帰りたいしなみたいな。

そしてあとで言おう、明日言おう。で、言わない。先延ばしにしていく。あいまいに、うやむやにしていく。その生き方がトレードで出るんですよ。

だから、

トレードのときだけいくら頑張ろうとしても意味ない

んですよね。これが厳然たる事実なんですよ。

日常から変えていくっていうのが本当の意味でトレード力が上達するための道なんですよね。

だからよく、トレードうまくなるためにはトレードしてない時間にどれだけトレーダーとしての自覚を持って生きるかどうかって、これメルマガとか僕講座でよく話をしてるんですよね。

いかにトレードしてないときに自分との約束を守るかですよね。

そこを続けていって、いざトレードの時になったときに

  • 自分の判断にそのまま従えるようになったりとか、
  • 体がすぐ動くようになったりとか、
  • 自分の感覚に体がすぐに反応するようになる。

感覚と体の動きが一致するようになってくるっていうことですね。

こうやってトレードってタイミングが合うようになっていくんですよ。

でもそういうふうにやんなかったら、常に頭で考えてるから、頭の処理って遅れるんですよね。

で、頭にエネルギー行くとIQ下がっていくので、絶対判断おかしくなっていきます。

絶対相場の集合的無意識というか、負けてる大多数の人たちの意識にチャネリング合っちゃうので、おかしなことし始めるってことなんですよ。

3.オンオフをつけずに本番で100%の力を出す人たち

オンオフつけず、本番で100%の力を発揮し続ける人たちを紹介します。

彼らの思考をぜひインストールしてください。

タイのムエタイ選手

僕もともとずっと格闘技やってたんですけど、タイの選手ってやっぱりべらぼうに強いんですよ。

蹴りもそうだしパンチもそうだし、重いしスタミナもあるし・・・。

何でかっていったら、これ簡単な話で、

日常がすべてムエタイだから

なんですよ、

もう朝起きた瞬間からムエタイ漬けです。

だから試合のときだけじゃなくって日常24時間すべてがムエタイ選手なんですよ、彼らは。

なんでかって言ったら、そうしないと生きていけないからですね。それで成り上がるしかお金を得る方法がない。

だから朝起きた瞬間から、もうちっちゃい子どものときから、5歳のときからムエタイやって、毎日毎日サンドバック蹴ってサンドバック殴って。で、昼寝して昼ご飯食べて、夕方からまた練習して夜までやって、そしてそのまま寝てっていう毎日を繰り返してるんですよ。

だからオフをつけるひまがないんです。常にオンなんですよ、スイッチは。

だから試合のときに彼らってあんま緊張しないんですよ。

僕もともとタイ人のコーチに教えてもらってて、そん中には元チャンピオンの人もいて、その人にも「試合って緊張しないんですか」って聞いたんですけど、即答で「しないよ」って言ったんですよ。

「え?!何でですか」ってきいたら、

「いや試合って普通だから」って言ってましたね笑

彼らにとって、やっぱ試合って特別なもんじゃないんですよ。

トレードで言ったら、トレードするときが本番だとしたら、それにいちいち今からトレードするっていうふうに思ってたら体は堅くなり緊張しIQが下がりってなってしまうじゃないですか。

だからいかにいつもと変わらない状態でそこに臨むかなんですよ。

つまり、逆に言ったら

日常でいかに試合をするときと同じような生き方をしてるか

っていうことに尽きるんですよね。

だからやっぱムエタイ選手は非常に強いんですね。

で、蹴りのフォームとかパンチのフォームも本当に練習どおりにそのまま試合で出すんですよ。

これって実はなかなか難しくて、日本人の選手とかって練習のときとかは例えばすごいいい蹴り蹴ったりいいパンチ打ったりするけど、試合でそれを出せない人が多いですよね。

それ何でかっていったら、やっぱ練習と試合分けてるからなんですよ。

練習は1日の中で3時間だけ。その3時間が終わったらあとは自由な時間みたいな。あとは何も格闘技のこと考えないみたいな。

そういう生き方してたら、やっぱ本番のときにそれが出るんですよ。トレードにも応用できる考え方だと思いませんか?

魔裟斗選手

僕はもともと魔裟斗選手が好きだったので、よく魔裟斗選手の映像とかインタビューを見てたんですよね。

で、ある番組でインタビュアーが車の中で魔裟斗選手運転しながらインタビューしてるんですよね。

で、そんときに魔裟斗選手が、

「いや僕は24時間格闘技のことしか考えてないですよ」

って言ってたんですよ。

「いやでも寝るときはどうかな。でも寝るときも夢見てるなみたいな。僕はもう24時間チャンピオンなることしか考えてないです」

っていうふうにも言ってました。

まさにオンオフがない生き方ですよね。

ギタリスト

僕ギターもやってたんで、これもすごいわかりやすいんですけど、

ギターってライブのときって立って弾くじゃないですか。

でもこれが立って弾くのって案外難しくって、何でかっていうと、

ほとんどの人は家で練習するとき座ってギター弾くんですよ。

だからいざ本番のときに立って弾こうとしたときにうまく弾けないんです。腕の位置とか全部変わるからですね。

だから本番を意識したギタリストって常に立ちながら練習してる人が多いです。

本番を常に意識して日常を過ごしてる

んですよ。

だから本番、自分の実力を100%発揮できるんですね。

まとめ:オンオフをつけない武士道トレーダーになろう

よく世の中でプライベートと仕事を分けるとか、仕事と家族の時間を分けるとかっていう考え方あるじゃないですか。実はこれ、間違ってるんですよ。

ここまで読んでくれたかたなら分かると思うんですけど、

オフの部分からほころびができて、おかしくなっていく

んですね。

だからいつも仕事でめちゃくちゃ頑張ってるように家族にも接したらいいし、家族に愛情深く接してるようなやり方で自分の同僚だったり会社員だったりほかの人にもやったらいいんですよ。そこで分けるからおかしなことになるんですよね。

全部貫いたらいいじゃないですか。それが一番最強なんですよね。

それが、自分の感覚が常に落ちない状態で維持された、IQの下がらない生き方なんですよ。

だから日常と非日常を分けないっていうことを常に意識してみてほしいなって思うんです。

運転してるときとか、ご飯を食べてるときとか・・・。もうあらゆるときに言えますよね。

もしかしたら寝る直前とか。もっと言ったら寝てるときも。

そこまではコントロールできないかもしれないですけど、そうやってオンとオフをなくしていったら絶対トレードはうまくなりますし、トータルプラスまでいきますから。

だからまずはそれを心がけて日常を過ごしてっていただけたらと思います。

それでは!

-----------------------------------------------


今なら電子書籍プレゼント
メールが届かない場合はこちらをお読みください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. no image
  2. no image
  3. 【ママ×主婦×トレーダー×実業家】ケッティさん対談動画第1弾
  4. no image
  5. あなたの話は抽象論で役に立たない
  6. 嬉しいお便りいただきました
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人:みつしろ

プロフィール画像
トレードで世界と繋がろう

プロフィールはこちら

公式twitterはこちら

公式facebookはこちら

サイトマップはこちら

オススメの本一覧はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
無料メール講座
-->